積水化成品グループは、大切な地球を守るため環境良化に積極的に取り組みます。

環境貢献

人と環境を大切に
夢をふくらませる
積水化成品グループ

積水化成品グループは発泡技術を中心に、石油などの限られた資源の有効活用やそのリサイクルを通じて、創業時から地球環境良化に貢献し続けています。

今後も製品の製造・使用時にも環境にやさしい製品の開発を推進し、環境リーディングカンパニーへの道を切り開いていきます。

積水化成品が目指す環境貢献 積水化成品が目指す環境貢献

SKG-5R

積水化成品グループは、2019年度より持続可能な社会の実現を目指して「SKG-5R STATEMENT」を策定し、2030年度までに達成する2つの目標を設定しました。この達成に向けて、Reduce、Reuse、Recycle、Replace、Re-Createの5Rを推進し、SDGsに掲げられた地球規模の課題解決に貢献していきます。

RC内部監査体制

積水化成品グループは、RC内部監査委員会の委員長をリーダーとする監査チームによりRC内部監査を実施しています。
RC活動の成果・実施状況を書類審査および現場確認でチェックし、その結果を次年度の方針・目標に反映して、RC活動の向上に努めています。

レスポンシブル活動とは

化学物質を扱うそれぞれの企業が化学物質の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄に至るまで、自主的に「環境・安全・健康」を確保し、活動の成果を公表して社会との対話・コミュニケーションを行う活動のことをいいます。

レスポンシブル・ケア