中期経営計画「Make Innovations Stage- Ⅱ」の2年目を迎えて  代表取締役社長 柏原 正人 中期経営計画「Make Innovations Stage- Ⅱ」の2年目を迎えて 代表取締役社長 柏原 正人

当中間期の発泡プラスチックス業界におきましては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により食品容器関連需要の拡大があるものの各種部材や搬送資材・梱包材の需要が低迷するなど非常に厳しい経営環境となりました。

このような経営環境のなか、当社グループは新型コロナウイルス感染症に関して、製品の安全性、取引先企業や当社グループ従業員の安全と健康を第一に考えると共に、それに関するリスクを最大限、回避する対策を取りながら、本年が2年目となる3カ年中期経営計画「Make Innovations Stage-Ⅱ」に掲げた「事業ポートフォリオの変革」「収益体質強化に向けた戦略の実行」を進化させるべく、施策を進めております。さらに、グループ全体で徹底した原価低減や固定費削減に努めて参りました。

また、環境リーディングカンパニーの位置づけを確固たるものとするため、2020年6月に公表した「SKG-5R STATEMENT」に基づき、SKG-5R※1活動推進の一層の拡大を図っております。当中間期にはランニングシューズのミッドソールに採用された「エラスティル」の植物由来グレード「エラスティルBIO」※2の本格出荷も開始しました。

その結果、連結売上高は551億1千6百万円、連結営業利益は3億6千8百万円、連結経常利益は3億6百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は1億3千8百万円となりました。

当中間期の配当につきましては、1株につき4円とさせていただきました。中間配当金の支払開始日は12月2日となります。なお、期末の配当につきましては、17円を予定しております。

今期の見通しにつきましては、連結売上高1,160億円、連結営業利益20億円、連結経常利益16億円、親会社株主に帰属する当期純利益10億円を見込んでおります。

株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

※1 「SKG」は積水化成品グループを指します。
「5R」はReduce, Reuse, Recycle, Replace, Re-Createを指します。

※2 「エラスティルBIO」は軽量性、高反発性、曲げ強度や圧縮強度などの高い特性を持った熱可塑性エラストマー発泡体(「エラスティル」)のうち、植物由来のグレードを言います。