積水化成品グループでは、最も重要な経営資源を「人材」と捉え、100年ビジョンを実現するための、成長と変革を支える人づくりに注力しています。

積水化成品塾(SK塾)

積水化成品塾(SK塾)では、バイタリティに富む、次世代を担うリーダー人材の育成を進めています。外部講師による研修とともに、役員とのディスカッションや実践教育を盛り込み、将来の経営幹部として必要な知識や理論の習得を行います。

積水化成品塾(SK塾)

SKG改善活動

SKG改善活動は生産現場で働く従業員の人材育成をはかり、グループ全体のモノづくり力の強化を狙いとしています。毎年、国内外の200を超えるチームから改善事例がエントリーされ、予選を勝ち抜いた10数チームが本大会で発表を行っています。